Fleet Hub アプリケーションの作成

この手順では、AWS SSO を有効化し、Fleet Hub アプリケーションを作成します。

Fleet Hub では、Fleet Hub アプリケーションを立ち上げたリージョン以外のリージョンのデバイスも確認することができます。 そのため、今回のハンズオンで利用している以外のリージョンで AWS SSO が有効化されている場合、 そのリージョンで Fleet Hub for AWS IoT Device Management が提供されていれば、 そちらのリージョンを利用して以下の手順を進めることが可能です。

AWS Single Sign-On (SSO) の有効化

同一AWSアカウントを複数のユーザーで使っている場合は、この手順は誰か1人が代表して行ってください。

  • AWS SSO のコンソール を開きます
  • AWS SSO を有効にする ボタンを選択し、画面が切り替わるのを待ちます (最大30秒程度かかります)
  • AWS SSO は正常に有効化されました と表示されるのを確認します

AWS SSO ユーザの作成

  • AWS SSO のダッシュボード のメニューから ユーザー を選択します
  • ユーザーを追加 ボタンを選択します
  • ユーザー詳細 の画面が表示されるので、以下のように入力していきます
    • ユーザー名 にはお好きなユーザ名を入力します
    • パスワードユーザーと共有することができる一時的なパスワードを生成します。 を選択します
    • Eメールアドレス にはご自身でお使いのメールアドレスを入力します
    • 表示名 にも利用者がわかりやすい情報を入力します
    • 他の項目はそのままで、次: グループ ボタンを選択します
  • ユーザーをグループに追加 の画面では特に何もせず、ユーザを追加 ボタンを選択します
  • ユーザー「名 姓」は正常に追加されました。 の画面で、パスワードの表示 を選択すると一時的なパスワードが表示されるので、このパスワードを控えておきます

Fleet Hub アプリケーションの作成

  • 新しいタブでAWS IoT のコンソール を開きます
  • 左側の フリートハブ から 開始方法 を選択します
  • アプリケーションを作成 ボタンを選択します
  • ステップ1 シングルサインオンをセットアップ の画面で AWS SSO が有効であることを確認し、 次へ を選択します
  • ステップ2 AWS IoT データのインデックスを作成 の画面で、以下のようにフリートインデックスが有効であることを確認し、 次へ を選択します (Fleet Hub のみ別リージョンを利用している場合はアクティブでなくても問題ありません)

Fleet Hub

  • ステップ3 アプリケーションを設定の画面で、以下の設定を行います
    • アプリケーションロール: Create a new service role を選択
    • アプリケーション名: Device Management Workshop などのわかりやすい名前を入力
    • アプリケーションを作成 ボタンを選択

Fleet Hub ユーザの追加

  • Fleet Hub のコンソール にアプリケーションの一覧が表示されるので、作成した Device Management Workshop のアプリケーション名を選択します
  • アプリケーションの詳細の画面が表示されるので、ユーザーを追加 を選択します
  • AWS SSO ユーザーの一覧が表示されるので、作成したユーザを選択し、選択したユーザーを追加 ボタンを選択します

Fleet Hub へのアクセス

Fleet Hub アプリケーションが立ち上がるまでに最大で10分程度かかる場合があります。アプリケーションがうまく表示されない場合は、しばらく待ってから再度お試しください。

  • アプリケーションの詳細の画面内の、アプリケーション URL をクリックします (https://xxx.app.iotfleethub.aws/ のような URL です)
  • AWS SSO ユーザーのユーザ名、先ほど控えたパスワードを入力し、サインインボタンを選択します
  • パスワードの変更画面が表示されるので、新規パスワードを設定します
  • 以下のように Dashboard の画面が表示されれば、無事 Fleet Hub にログインできました

Fleet Hub

左下のアイコンから言語を切り替えることができます