ロギングの有効化

IAM ロールの作成

※ 同一AWSアカウントを複数のユーザーで使っている場合は、この手順は誰か1人が代表して行ってください。

AWS IAM console で以下の手順を行います。

  1. 左側のメニューの ロール をクリック
  2. ロールの作成 をクリック
  3. ユースケースの選択 > 「または、サービスを選択してユースケースを表示します」の IoT を選択
  4. ユースケースの選択で IoT を選択
  5. 次のステップ: アクセス権限 をクリック
  6. 少なくとも AWSIoTLogging が選択されていることを確認
  7. 次のステップ: タグ をクリック
  8. 次のステップ: 確認 をクリック
  9. ロール名に AWSIoTAccessServices を入力
  10. ロールの作成 をクリック

AWS IoT のエンドポイント確認

※ 同一AWSアカウントの同一リージョンを複数のユーザーで使っている場合は、以下の手順は誰か1人が代表して行ってください。

AWS IoT console で以下の手順を行います。

  1. はじめて IoT Core を操作する場合は、開始方法 を押下
  2. 左下の 設定 を選択
  3. ステータスの確認 が表示されている場合はクリックする

step3-1-3

IoT ロギングの有効化

  1. 左側のメニューの 設定 をクリック
  2. ログ -> 編集
  3. 詳細レベルを 情報 に変更
  4. ログの設定で先ほど作成した AWSIoTAccessServices のロールを選択 (ロールの更新 が表示されている場合はクリック)
  5. 更新 をクリック

画面上部に ログ記録は JSON ログと細かな制御をサポートするようになりました。 と表示された場合は アップグレード をクリックします。

step3-1-3

これによって Amazon CloudWatch へログが送られるようになり、AWS マネジメントコンソールからログを確認できます。