ロギングの有効化

IAM ロールの作成

※ 同一AWSアカウントを複数のユーザーで使っている場合は、この手順は誰か1人が代表して行ってください。

AWS IAM console で以下の手順を行います。

  1. 左側のメニューの ロール をクリック
  2. ロールの作成 をクリック
  3. ユースケースの選択 > 「または、サービスを選択してユースケースを表示します」の IoT を選択
  4. ユースケースの選択で IoT を選択
  5. 次のステップ: アクセス権限 をクリック
  6. 少なくとも AWSIoTLogging が選択されていることを確認
  7. 次のステップ: タグ をクリック
  8. 次のステップ: 確認 をクリック
  9. ロール名に AWSIoTAccessServices を入力
  10. ロールの作成 をクリック

AWS IoT のエンドポイント確認

※ 同一AWSアカウントの同一リージョンを複数のユーザーで使っている場合は、以下の手順は誰か1人が代表して行ってください。

AWS IoT console で以下の手順を行います。

  1. はじめて IoT Core を操作する場合は、開始方法 を押下
  2. 左下の 設定 を選択
  3. ステータスの確認 が表示されている場合はクリックする

step3-1-3

IoT ロギングの有効化

  1. 左側のメニューの 設定 をクリック
  2. ログ -> ログの管理 ボタンを選択
  3. ロールのログ記録で先ほど作成した AWSIoTAccessServices のロールを選択 (ロールの更新 が表示されている場合はクリック)
  4. ログレベルを 情報 に変更
  5. 更新 をクリック

画面上部に ログ記録は JSON ログと細かな制御をサポートするようになりました。 と表示された場合は アップグレード をクリックします。

Log Upgrade

最後に 設定 画面でログの設定が以下のように更新されているかを確認しましょう (反映されない場合はブラウザのリロードをお試しください)。 これによって Amazon CloudWatch へログが送られるようになり、AWS マネジメントコンソールからログを確認できます。

Logging